CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
<< GTSVL Presents POST at UrBANGUILD | main | facebook >>
night cruising presents "flau night in Kyoto"

night cruising presents
 "flau night in Kyoto"

2012/6/17 sun 18:00open/start

at.metro (京都 神宮丸太町)


|LIVE:
The Boats/ aus + Takcom(土屋貴史)/ Madegg/ GTSVL

|DJ:tsukasa/ RAIJIN/ seitaro/ 宮本精子/ Tatsuya

|FOOD:SUBetw

|TICKET:
前売り 2000yen(ドリンク代別途) / 当日 2500yen(ドリンク代別途)


|Profile:


The Boats

元Hood、The Remote ViewerのCraig TattersallとAndrew Hargreavesにより結成。 
英国moteerよりリリースされた初期3作品と彼らが運営するour small ideasのアイテムは 全て廃盤となる程、ヨーロッパで高い人気を誇る。 
2008年にはflauより日本デビュー作となるアルバム『Faulty Toned Radio』をリリース、Peter Broderickがその年のベスト・アルバムに選出するなど
各方面で高い評価を受ける。ミニマル・テクノへと接近した『Words Are Something』、レアトラック集『Sleepy Insect Music』を挟み、
今年12Kより『Ballads of the Research』を発表。伝統的なバラッドを現代の物語として提示したという本作にはDanny Norbury、Chris Stewart、Cuusheが参加。生楽器とエレクトロニクスを丁寧に折り重ねた美しい作品となった。
グループ名に象徴されるように、ゆらゆらと水面を漂うような繊細さと儚さを併せ持ったアコーティック・サウンド。
今回の来日はAndrew Hargreavesのみとなり、多数の作品にストリングスで参加しているチェロ奏者・Danny Norburyを迎えてのライブセットとなります。


aus

東京出身のアーティストYasuhiko Fukuzonoによるソロ・プロジェクト。
幼少期から音楽に触れ始め10代の頃よりキーボードとテープレコーダーを用いて、主に実験映像作品などの音楽を手掛けてきた。
2004年よりaus名義で活動開始後、ベルギーのエレクトロニック・レーベルu-coverからのリリースを皮切りに、2006年には NYのMusic Relatedより全曲女性ヴォーカルで構成したベッドルーム・ポップの傑作『Sonorapid』を発表。
その後も積極的にリリースを重ね、 『Lang』、『Curveland』など5枚のオリジナル・アルバムを残してきている。
自身がオーナーを務めるflauも設立し、現在までに20枚以上の作品を発表。最近ではストレイテナー、Tujiko Norikoへのリミックス提供やSylvain Chauveau、Lindsay Andersonらとのコラボレーションなどで日常の音を巧みに取り入れた繊細なサウンド・プロダクションを披露している。
これまでにSummer Sonic、SonarSound Tokyo、De La Fantasia、Electronic Tribeなど国内を代表する音楽フェスティバルにも出演。
2010年にはロンドンのUnion Chapelをはじめ、ヨーロッパ9都市を回るツアーも成功を収め、ワールドワイドな活動を展開。
エレクトロニック・ミュージックをベースとしながらも、人肌を感じさせるような暖かいサウンドと、緻密かつ大胆なビート・メイキング、透明感溢れる美しい旋律に彩られた個性的な作品の数々を発表している。



Takcom / 土屋 貴史

スクリーン、モニター、ディスプレイ等のアウトプットをベースに活動する映像作家、ディレクター、アニメーター、デザイナー。
世界中のコラボレーターと共に、様々なクライアントワークを手がける傍ら、即興によるライブビジュアルの提供やA/Vライブなども精力的に行う。
その作品は常に複数の領域を越境した表現に焦点を当てており、主に海外を中心に、これまで数十ヶ国のアートフェスティバルや、ギャラリー、
アーティスト、サイトから高い評価を受けている。
主な上映に「NOVA」(2010、サンパウロ)、「onedotzero」(2010、ロンドン)、ライブに「Nuit sonore」(2011、リヨン)がある。




Madegg

1992年7月30日生まれ、高知出身、京都在住のKazumichi Komatsuによるソロ・プロジェクト。
16歳よりコンピュータを使った楽曲制作を開始、2011年よりbandcampにて発表された複数の自主制作EPが、アメリカ西海岸のExperimental Hip Hopとゆるく
共振しつつも、淡くメランコリックな独特の世界観で、ネット上での注目を徐々に集める。
その後ネットレーベルからのEPリリースなど活動を広げ、Brainfeeder2やSpringUpなどに参加。Clark, Mount Kimbie, Teebs, TOKiMONSTAらと共演を果す。
Dubstep、Chillout、House、Beat、Drone、Noiseなどを自由に横断・消化したサウンド、幼い頃の記憶を呼び起こすよ うなメロディー、輝くサイケデリアの中に
深く沈み込むようなビートは強烈な存在感を放っている。
2012年flauと契約、2ヶ月連続のデジタル・リリースを経て、待望のデビューアルバム『Tempera』を5月にリリースする。
| - | 00:47 | - | - |